« ROUND TRIP | トップページ | Kim Min Ji/韓国のillustrator »

2007.03.21

sad book

子供を失くした男の叫びの本
よく、大人の絵本と評される絵本があって、目にするたびに面白いものは年齢なんて関係ないのに、と笑っていたのだけど、この本は別。子供に読ませてもきっと分からない。

"私の悲しみ"は、他の人に伝えても癒されることなんかない。

谷川俊太郎による日本語訳が 悲しい本 として出版されている。

|

« ROUND TRIP | トップページ | Kim Min Ji/韓国のillustrator »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/217459/5760576

この記事へのトラックバック一覧です: sad book:

» 絵本作家の通信講座について [絵本作家になりたい!]
「絵本作家になりたい!」では、絵本作家になる方法を紹介しています。 [続きを読む]

受信: 2007.03.21 21:50

« ROUND TRIP | トップページ | Kim Min Ji/韓国のillustrator »