2007.03.21

sad book

子供を失くした男の叫びの本
よく、大人の絵本と評される絵本があって、目にするたびに面白いものは年齢なんて関係ないのに、と笑っていたのだけど、この本は別。子供に読ませてもきっと分からない。

"私の悲しみ"は、他の人に伝えても癒されることなんかない。

谷川俊太郎による日本語訳が 悲しい本 として出版されている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)